天然ガス水素プラント

在るごうせいアンモニアプロセスベースで改質装置、脱硫変換、熱回収システム、浄化システムなどを大胆に改造し、設備投資を大幅に削減し、天然ガス消費量を従来のプロセスに比べて約1/3削減しました。特に天然ガス変換の中核設備である変換炉の技術改造に画期的な成功を収め、完成した装置の試験を行った。天然ガスから水素を製造する技術革新の面で、当社はすでに国家特許6件、米国特許1件、EU特許1件を出願し、取得した。中小型天然ガスボンベ炉水素製造システムは、科学技術部科学技術型中小企業技術革新基金の助成事業であり、2008年にも導入された北京五輪で50nm提供3/h天然ガスから水素を製造する装置。   


技術的特性 プロセス

流れ

主なパフォーマンス・インディケータ

技術的特性 プロセス

  • 原材料の種類は多岐にわたります:天然ガス、メタンガス、液化石油ガス、。軽質ナフサ。炭層ガス、埋立ガス等

  • 技術が成熟し、運行が安全で信頼できる。

  • 操作が簡単で、自動化の程度が高い。

  • 運用コストが低く、投資回収期間が短い。

  • 圧力スイング吸着脱着ガスを十分に再燃焼させ、燃費や排気エミッションを低減する。

  • 簡単な構造で信頼性の高い円筒炉の構造を最適化する。

  • 設備の集積度が高く、ブロックこじ開けを実現し、占有面積が小さく、投資が少なく、建設周期が短い。

  • ボイラ循環システムはノウハウを採用しており、工程を簡素化し、投資を節約し、消費量を削減しています。       

  • 低窒素排出技術は、環境保護の要求を満たす。 

流れ

天然ガスその他の原料を加圧脱硫した後、水蒸気と混合して専用の改質炉に入れ、触媒の作用で改質反応させてHを生成するH2、CO2、CO等の成分の変換ガスを変換し、変換ガスにより熱を回収した後、変換反応により水素に変換し、変換ガスを圧力スイング吸着により浄化して水素を得、圧力スイング吸着排ガスを変換炉に戻して燃焼させて熱を回収する。


主なパフォーマンス・インディケータ

               
  工場規模               


 
50 ~ 50000Nm3/h


  せいひんじゅんど


 
99% ~ 99.999% (v/v)

  せいひんあつりょく

  1.3 ~ 3.0 MPa (G)


必要なものは

アフターサービス部署に連絡してください

もしかしたら、専門的なサービスを必要としているかもしれませんので、ぜひお電話ください。

028-6259 0095

業務提携

あなたの需要は、私たちの最大の前進の勢いです。

028-6259 0080

招待されたアクセス

メタノール→水素、天然ガス→水素、PSA→水素

の詳細はこちらをご覧ください