天然ガスからメタノールを製造する技術

メタノール製造の原料は、天然ガス、コークス炉ガス、石炭、残渣、ナフサ、アセチレン排ガス、その他水素や一酸化炭素を含む排ガスなどであってもよく、1950年代から天然ガスがメタノール合成の主原料となりつつある。現在、世界の90%以上の工場が天然ガスを原料としているのは、天然ガスからメタノールを製造するプロセスが短く、投資が少なく、生産コストが低く、三廃の排出量が少ないためであり、大いに普及すべきクリーンエネルギーである。


技術的特性 プロセス

流れ

主なパフォーマンス・インディケータ

技術的特性 プロセス

  • エネルギーと投資を節約します。

  • 中圧蒸気を副生する新規なメタノール合成塔を用いて、エネルギー消費量を低減する。

  • 設備の集積度が高く、現場の仕事量が小さく、建設周期が短い。

  • エネルギーを節約する技術を使って、プリコンバージョン天然ガス飽和技術、燃焼空気予熱技術等により、メタノール消費量を低減する。様々な対策により、メタノールトンのエネルギー消費量は38~40GJ削減29~33GJと。

流れ

天然ガスを原料とし、圧縮、脱硫、精製してガスを製造し、合成ガス(主成分H2、CO)を製造する。合成ガスはさらに圧縮されてメタノール合成塔に入り、触媒の作用によりメタノールが合成される。合成された粗メタノールを予備留去してヘテロアルコールを除去した後、精留して完成メタノールを得る。

 


主なパフォーマンス・インディケータ

工場規模

≤ 300MTPD   (100000MTPA)

纯度

 ~ 99.90% (v/v), GB338-2011およびO-M-23k AAクラスに該当する

圧力

せいじょうあつりょく

温度

~ 30˚C


必要なものは

アフターサービス部署に連絡してください

もしかしたら、専門的なサービスを必要としているかもしれませんので、ぜひお電話ください。

028-6259 0095

業務提携

あなたの需要は、私たちの最大の前進の勢いです。

028-6259 0080

招待されたアクセス

メタノール→水素、天然ガス→水素、PSA→水素

の詳細はこちらをご覧ください