圧力スイング吸着による水素精製

圧力スイング吸着(PSA)技術は、製品の純度が高く、操作の柔軟性が大きく、設備が簡単で、自動化の程度が高いなどの特徴から、工業ガス分離分野に広く応用されている。長年にわたる圧力スイング吸着の研究と実験を通じて、各種水素富源水素精製セット技術と一酸化炭素、二酸化炭素、メタン、窒素、酸素などのPSA分離精製セット技術を開発し、顧客に装置のアップグレードと改造サービスを提供してきました。

 

技術的特性 プロセス

流れ

主なパフォーマンス・インディケータ

アプリケーションフィールド

技術的特性 プロセス

  • 設置面積が小さく、設備がコンパクトに配置されている。

  • 安定した運行、オンラインメンテナンス、年間連続運行停止なし。

  • 自動化の程度が高く、設備の現場管理が無人である。

  • 30%〜100%の流量では、負荷を自由に調整することができ、安全で安定した運転が可能である。

  • 当社はPSAの重要な部品の空圧平板プログラム制御バルブを生産して、体積が小さくて、重量が軽くて、動作が速くて、密封性が良くて、寿命が長くて、信頼性が高いです。

  • 吸着剤のデータ源は当社独自の吸着剤マニュアルであり、マニュアルのデータは送信者当社専用検査機器の評価結果。

流れ

水素精製には多カラム圧力スイング吸着技術を用いる。その作業ステップは:吸着、降圧、分析、。エンハンスメント等吸着塔の作業工程は交錯し、閉回路循環を形成し、原料の連続的な投入と製品の連続的な出力を保証する。


主なパフォーマンス・インディケータ

工場規模

100 ~ 300000Nm3/h

せいひんじゅんど

95% ~ 99.9999% (v/v)

せいひんあつりょく

0.4 ~ 5.0 MPa (G)


アプリケーションフィールド

  • 水性ガス、半水性ガス、せきたんガスかせいじょうガス水素を精製する。

  • シフトガスから水素ガスを精製する。

  • メタノール転化ガスとアンモニア分解ガスから水素を精製する。

  • スチレン系排ガス、製錬所改質ガス、製錬所乾燥ガス、合成アンモニアまたはメタノールガス化ガス、コークス炉ガスから水素を精製する。

  • 塩素とアルカリの排ガス中の水素ガスを精製する。

  • 他の水素リッチ源から水素を精製する。


関連製品

必要なものは

アフターサービス部署に連絡してください

もしかしたら、専門的なサービスを必要としているかもしれませんので、ぜひお電話ください。

028-6259 0095

業務提携

あなたの需要は、私たちの最大の前進の勢いです。

028-6259 0080

招待されたアクセス

メタノール→水素、天然ガス→水素、PSA→水素

の詳細はこちらをご覧ください